中央通り法律事務所・的確なアドバイスで最良な結果を実現
ホーム
事務所
法律相談
お問い合わせ
費用
個人情報保護
リンク
企業相談・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
交通事故
消費者・被害
労働事件
労災・事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件


中央通り法律事務所

中央通り社会保険労務士
・行政書士事務所

豊川市中央通4丁目-19番地
TEL 0533-95-3220
FAX 0533-95-3230


MAIL

MAP

















ホームへ

各種ご相談

企業法務・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
遺言・相続
交通事故
消費者被害
労働問題
労災事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件
















ホームへ

各種ご相談

企業法務・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
遺言・相続
交通事故
消費者被害
労働問題
労災事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件
















ホームへ

各種ご相談

企業法務・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
遺言・相続
交通事故
消費者被害
労働問題
労災事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件
















ホームへ

各種ご相談

企業法務・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
遺言・相続
交通事故
消費者被害
労働問題
労災事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件
















ホームへ

各種ご相談

企業法務・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
遺言・相続
交通事故
消費者被害
労働問題
労災事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件
















ホームへ

各種ご相談

企業法務・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
遺言・相続
交通事故
消費者被害
労働問題
労災事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件
















ホームへ

各種ご相談

企業法務・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
遺言・相続
交通事故
消費者被害
労働問題
労災事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件
















ホームへ

各種ご相談

企業法務・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
遺言・相続
交通事故
消費者被害
労働問題
労災事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件
















ホームへ

各種ご相談

企業法務・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
遺言・相続
交通事故
消費者被害
労働問題
労災事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件
















ホームへ

各種ご相談

企業法務・顧問
サラ金・破産
離婚・不倫
遺言・相続
交通事故
消費者被害
労働問題
労災事故
事業継承
借地・借家
建築紛争・欠陥住宅
その他民事事件
刑事事件


 

離婚・不倫

離婚一般 離婚前の問題 親権・監護権 養育費  
子の引渡 面接交渉 財産分与 離婚慰謝料  
年金分割 離婚と氏・戸籍 不倫  



●離婚一般


現在では,夫婦の3組に1組が離婚する時代になり,この割合が今後ますます増えていくことが予想されています。離婚問題は,家族などを含めれば,誰もが無縁ではいられない問題となっています。
離婚と一口に言っても,原因や環境によって,色々な問題が発生します。話し合いによって円満な離婚をして,友人として良い関係を築くことができることもあれば,刃物沙汰になって警察のお世話になることもあります。
正確な法的知識を身につけて,お互いが納得しての円満な離婚をできるようにしたいものです。


Q1:離婚をするときに,一般的に注意すべき問題にはどのようなものがありますか?

Q2:離婚にはどのような方法がありますか

Q3:協議離婚についてもう少し詳しく教えてください。

Q4:夫が不倫して揉めています。私は離婚するつもりはないのですが,夫が離婚届を偽造して出してしまうのではないかと心配で夜も眠れません。何か良い方はないでしょうか

Q5:調停離婚についてもう少し詳しく教えてください。

Q6:裁判離婚についてもう少し詳しく教えてください。

Q7:裁判離婚が認められる離婚原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

Q8:妻が宗教活動に熱心となり,家庭生活を省みなくなり困っています。このような場合に離婚は認められるのでしょうか

Q9:私の夫は,真面目に働かず,サラ金などで借金を重ねるばかりで困り果てています。このような場合は,離婚できないのでしょうか。

Q10:夫から刑事告訴をされました。私に落ち度(離婚届を偽造しました)があるのですが,普通は,刑事告訴までしないと思います。このような場合に,離婚は認められないのでしょうか。

Q11:夫が罪を犯して,刑務所に入ってしまいました。私は生活費用にも困り,早く離婚して新しい生活を始めたいと考えていますが,離婚できないのでしょうか。

Q12:性交不能,性交渉の拒否,性的異常を理由に離婚はできるのでしょうか。

Q13:私は嫁ぎ先の姑に毎日のようにいじめられていますが,夫に何とかして欲しいとお願いしても,夫は何もしてくれません。姑のいじめを理由に離婚はできないのでしょうか。

Q14:裁性格の不一致で離婚したとよく聞きますが,裁判でも,性格の不一致を理由に離婚できるのでしょうか。

Q15:私は,妻とは別の女性を好きになってしまい,ついにその女性と暮らすようになって10年になり,その間,妻の顔を見たこともなく,妻と電話で話したこともありません。このような場合でも,私のように不貞をした者からの離婚請求は認められないのでしょうか。

ご相談申し込み  このページのトップへ



●離婚前の問題


離婚をする前に別居するご夫婦が多くいます。
別居後トラブルなく離婚が成立する場合は良いのですが,離婚の話し合い,調停などがうまくいかず,別居期間が長引くことも多くあります。
その場合には,別居中の生活費(婚姻費用,婚費ともいいます。)をどうするかなどの問題が出てきます。
ここでは,
生活費(婚姻費用),子の引渡し,面接交渉などについて説明します。


生活費(婚姻費用)の支払いについて

Q1:夫が浮気をしたため,離婚調停を申し立てると同時に,高校生の子ども2人を連れて別居しました。ところが,生活費がかかってしまい,私の収入だけでは生活していけません。
夫に対して,生活費を請求できるでしょうか。夫は,勝手に出ていったのだから生活費など払う必要がないと言って,話し合いに応じてくれません。

Q2:生活費を請求できるとして,いくらくらい請求できるのでしょうか。夫(サラリーマン)の年収(総収入)は約600万円,私(パート)の年収(総収入)は約200万円で,高校生の子どもが2人いて,2人とも私が面倒を見ています。

Q3:子どもは,2人とも私立の進学校に通っていて,2人の授業料だけでも毎月10万円以上になってしまいます。生活費を上乗せして貰うことはできないのでしょうか。

Q4:夫は生活費の支払いについてまったく話し合いに応じてくれません。どのような方法で請求すればいいのでしょうか。

Q5:生活費は別居時に遡って請求できるのでしょうか。

Q6:調停が成立しましたが,夫は,色々と言い訳をして生活費を支払ってきません。生活費を支払わせるために,どのようなことが可能でしょうか。

子の引渡し

Q7:夫から,子どもを勝手に連れて行ったことは許されない,子どもを返せと要求されています。子どもを返さなくてはいけないのでしょうか。

面接交渉

Q8:夫から,子どもに会わせるようにと要求してきます。子どもに会わせなくてはいけないのでしょうか。

ご相談申し込み  このページのトップへ



●親権・監護権


Q1:親権について教えてください。

Q2:夫と協議離婚の話し合いをしていますが,どちらが子どもを引き取るかで争っていて,話がまとまりそうにありません。どうすれば良いのでしょうか。

Q3:離婚調停または離婚訴訟の中では,どのような点を考慮して親権者が決められるのでしょうか。

Q4:監護権者という言葉を聞いたことがありますが,親権者とどう違うのでしょうか。

ご相談申し込み  このページのトップへ


●養育費

離婚をすると母親がお子さんを引き取ることが多いのですが,母親の収入が十分でなく,お子さんの養育に経済的な問題を生じる可能性が多いと言えます。
そのため,子どもを引き取った母親から父親に対して,養育費を請求することが認められています。

Q1:養育費とはどのようなものですか。

Q2:具体的な養育費の金額はいくらくらいなのでしょうか。

Q3:「養育費算定表」という言葉を聞いたことがあるのですが,どのようなものですか。

Q4:「養育費算定表」だけあれば,養育費の額は簡単に決められるのですね。

Q5:養育費はこの算定表に従って決めなければならないのでしょうか。

Q6:養育費はどのような手続で決められるのでしょうか。

Q7:夫は働けるのに働こうとしません。このようなときは,収入が「0」なので養育費を貰うことはできないのでしょうか。

Q8:母子家庭になると市役所から児童手当を受給できるはずですし,実家から援助を受ける予定もあります。このような手当や援助も私の収入として養育費は決められるのでしょうか。

Q9:離婚後子どもを連れて実家で暮らすことになっています。この場合は,養育費を減らされるのでしょうか。

Q10:夫は多額の借金を抱えています。この場合は,養育費を減らされてしまうのでしょうか。

Q11:子供が私立学校や進学塾に通うための費用については,上乗せしてもらえるのでしょうか。

Q12:子供に重度の障害があり,高額な治療費がかかるのですが,考慮して養育費を決めてもらうことはできるのでしょうか。

Q13:夫は,結婚中に購入したマイホームの住宅ローンを支払っており,その支払額は収入の半分近くになります。このような場合は,どうなるのでしょうか。

Q14:夫の不倫が原因で離婚することになり,夫は慰謝料として,毎月5万円を5年間支払うことになっています。慰謝料の支払いは,養育費の算定に考慮されるのでしょうか。

Q15:夫は,結婚中に,生活のために銀行から借り入れをし,現在は毎月その返済をしています。このような場合は,どのようになるのでしょうか。

Q16:養育費を貰っているのですが,今度,再婚することになりました。再婚相手に収入があることを理由に,養育費を減らされてしまうのでしょうか。

Q17:養育費(子供1人)を払っていた前夫が再婚し(再婚相手は無収入),子供が生まれたので養育費を減らしてほしいと連絡してきました。応じなければならないのでしょうか。

Q18:養育費(子供1人)を払っていた前夫が内妻と同居し,その連れ子の生活費も負担している場合はどうなるのでしょうか。

Q19:養育費はいつからもらえるのですか。

Q20:養育費はいつまでもらえるのでしょうか。

Q21:協議離婚をして,養育費についても話し合いで決まりました。ところが,突然,養育費が支払われなくなりました。どうすればいいのでしょうか。

Q22:調停で養育費が決められていた場合で,支払われなくなったときはどうなるのでしょうか。

Q23:夫から暴力を受けていたため,私は,一日も早く離婚したいと考え,養育費を請求しないと約束して離婚してしまいましたが,冷静になってみると,養育費なしの生活はとても大変です。何とか請求する方法はないのでしょうか。

Q24:調停で養育費について決めて貰ったのですが,事情が変わったときには額の変更を請求できるのでしょうか。

ご相談申し込み  このページのトップへ


●子の引渡

離婚前は,子どもの親権は両親が共同で行うことになっていますが,離婚するときに未成年の子どもがいるときは,どちらの親が親権者になるかを決める必要があります。
親権者となった親が監護権も有するのが普通ですが(特別に監護権者を決めない限り,親権者が監護権を有することになります。),例外的に,他方の親が監護権者として定められることもあります。
そして,監護権のない者が子どもを拘束することは違法となります。


Q1:私は,離婚に際して,親権者となりましたが,面接のために子どもを別れた夫に預けたところ,そのまま子どもを返してくれません。どうすれば良いのでしょうか。

Q2:離婚に際して,母親が子どもの親権者となったのですが,面接時に子どもの話を聞くと,母親から虐待を受けているようです。この場合,私が子どもを引き取ることはできないのでしょうか。

ご相談申し込み  このページのトップへ


●面接交渉

未成年のお子さんがいる場合,父親と母親のどちらが親権を取るかが一番の問題になることが多くあります。
ようやく親権についての話し合いがついても,親権者とならなかった親がどのように子どもと会うようにするか(「面接交渉」といいます。)が次の問題です。
どの程度合わせる必要があるのか,親権者が子どもに会わせようとしないときにどのように対処すべきかなどが問題となります。



Q1:面接交渉についての話し合いがつきません。どのような方法で決めればいいので
しょうか。

   **親権者からの質問**

Q2:夫の不倫が原因で離婚することになり,私が親権者となりました。
離婚後,元の夫が子どもに会わせるように言ってきました。不倫が原因で離婚した場合でも,面接を認めなくてはならないのでしょうか。

Q3:夫の家庭内暴力が原因で離婚しました。暴力は,私だけでなく,子どもに対しても行われていました。このような場合でも,面接を認める必要があるのでしょうか。

Q4:離婚に際し,私が親権者になることは合意できましたが,夫は,毎週末に子どもに会うことを認めるように要求してきています。
毎週末に夫が会うことになると,私も仕事があるため,子どもとゆっくり過ごす時間が持てなくなってしまいます。毎週会わせなくてはいけないのでしょうか。

   **親権者とならなかった親からの質問**

Q5:親権者を妻として離婚しましたが,面接について取決めをしませんでした。
元妻に,子どもに会いたいと伝えたところ,面接について決めなかったので会わせる必要はないと返事をしてきました。どうすればいいのでしょうか。

Q6:調停離婚をし,月に1回の面接をするとの合意をしましたが,親権者となった元妻が何かと理由を付けて子どもと会わせてくれません。どうすれば良いのでしょうか。

ご相談申し込み  このページのトップへ


●財産分与

財産分与とは,離婚した一方が相手方に一定の財産を分け与えることを言います。
一般的には,夫から妻に対して支払われることが多いですが,最近は,妻の方が夫より収入が多い夫婦も増えてきたことから,妻から夫へ財産分与することも生じてきていると思います。
財産分与の本来的意義としては,@夫婦が婚姻中に協力して蓄えた財産の清算,が挙げられますが,その他にも,A離婚後の経済的弱者に対する扶養料,B離婚を余儀なくされたことについての慰謝料,が含まれることもあります。
原則として,夫婦のどちらの名義になっているかにかかわらず,婚姻中に蓄えた財産を夫婦で平等に分け合うことだと言えます。

Q1:財産分与を受けると慰謝料を請求できなくなると聞いたのですが本当でしょうか?

Q2:私は専業主婦で,結婚した後の収入はすべて夫のもので,夫名義の預金となっているほか,自宅も夫の名義となっています。このような場合でも,財産分与を請求できるのでしょうか。

Q3:実質的共有財産というものがあることは分かりました。他にどのような種類の財産があるのでしょうか。

Q4:別居して既に10年が経ち,ようやく離婚の話がまとまる見込みが立ちました。私は,別居している間に,約1000万円の貯金をしたのですが,この貯金も財産分与の対象となるのでしょうか。

Q5:私は,専業主婦で,婚姻後働いたことはありません。そのため,夫は,財産分与は3割しか認めないと言い張っています。夫の主張は正しいのでしょうか。

Q6:財産分与の手続きはどのようにすべきなのでしょうか。裁判所で手続きする必要があるのでしょうか。

Q7:財産分与を請求できる期限はあるのでしょうか。

Q8:婚姻後,夫の名義で買った家がありますが,家のローンが約3000万円残っています。家を売って,ローンを返済しようと考えましたが,家は2000万円でしか売れそうにありません。このようなときは,どうすればいいのでしょうか。なお,ローンは夫の名前で組みましたが,私も連帯保証人となっています。

ご相談申し込み  このページのトップへ


●離婚慰謝料

離婚慰謝料とは,離婚による精神的苦痛に対する慰謝料のことです。不貞行為など離婚原因となった行為によるものと,配偶者の地位を失うことによるものの2つがありますが,通常は離婚に伴う慰謝料として一緒に請求することになります。

Q1:離婚慰謝料は財産分与の慰謝料とは別にもらえるものでしょうか。

Q2:私は,先年,夫の不倫が原因で離婚しましたが,まだ慰謝料はもらっていません。夫の行為はもう何年も前のことなのですが,それでも請求できるのでしょうか。

Q3:具体的にはどのような場合に慰謝料請求できますか。

Q4:以前,夫の不倫相手から慰謝料を支払ってもらいましたが,結局このことが原因で夫とも離婚することになりました。このような場合でも,あらためて夫に慰謝料請求できるでしょうか。

Q5:私は,現在,夫の不倫が原因で離婚を考えています。また夫はしばしば暴力もふるいます。協議離婚の話をきりだす前に慰謝料請求のことも考えておきたいと思っています。しかし裁判で,不倫の事実などを証明しろといわれてもうまくできるかどうか不安です。どうしたらよいでしょうか。

Q6:私は,現在,離婚した妻と慰謝料の額について交渉しています。慰謝料の額が大体どのくらいになるのか目安となるものはありますか。

Q7:私は,夫の不倫が原因で離婚を考えています。今後の生活のことを考えると離婚にあたって慰謝料請求したいと思っています。しかし,夫は現在失業中のうえ蓄えも乏しいのでお金を支払ってもらえる見込みがありません。慰謝料を支払ってもらうためになにか良い方法はありませんか。

ご相談申し込み  このページのトップへ


●年金分割

年金は老後の経済的自立のために重要なものですが,夫に比べて妻の受給額は少ないのが一般的です。そのために,妻が離婚したいと思っていても,老後の生活を憂慮して離婚に踏み切れないケースが多いといわれています。
以前は年金が財産分与の対象となるのか争いがありましたが,年金分割制度の施行により共有財産として分けあえることが明確となりました。
熟年離婚が増加している現在,ぜひとも知っておきたい制度といえます。

Q1:年金分割という言葉を初めて聞きます。内容を教えてください。

Q2:離婚分割について教えてください。

Q3:按分割合の決定手続について教えてください。

Q4:按分割合が決定したら次は何をしたらよいでしょうか。

Q5:次に,3号分割について教えてください。

Q6:3号分割の手続について教えてください。


ご相談申し込み  このページのトップへ


●離婚と氏・戸籍

氏は,一般に名字とか姓といわれるものですが,結婚したり離婚すると変更が生じます。
また,結婚すると新しい戸籍が作成され,離婚すると戸籍に変更が生じます。
離婚によって氏と戸籍に変更が生じるのは結婚の際に氏を変えた配偶者で,その配偶者が子どもを引き取る場合は,子どもと氏・戸籍が異なってしまいますので,法的な対応が必要になります。
以下では,結婚の際,女性が氏を変えたという一般的なケースを想定して説明します。

Q1:私は,結婚して名字が変わりましたが,離婚したら名字はどうなるのでしょうか。

Q2:婚氏続称の届出の手続を教えてください。

Q3:戸籍の変更について詳しく教えてください。

Q4:私は,離婚の際に子どもを引き取り,当時まだ中学生であった子どもへの影響を考えてそのまま結婚中の氏を使うことにしました。しかし,今では子どもも独立したので,旧姓に戻りたいと思うようになりました。離婚の際に婚氏を選んでしまうと,もはや変更できないのでしょうか。

Q5:夫との協議で私が子どもの親権者となることに決まりました。私が復氏した場合,子どもの名字も私の旧姓に変わるのでしょうか。また,子どもの戸籍はどうなるのでしょうか。

Q6:離婚に際し,子どもを私の戸籍に移してしまうと,父親(離婚した夫)が亡くなったときに,子どもが相続できないことになってしまいませんか。


ご相談申し込み  このページのトップへ